コミュニケーション能力がUPできるnlpプラクティショナーの勉強

学生

言語能力の回復

カウンセリング

言語聴覚士はリハビリの分野では欠かせない技術とされています。言語聴覚士になるためには専修学校で学ぶ必要がありますが、関連性の高い他の医療分野や基礎的な教育課程を修了している場合は短期で受験資格を得る事も可能です。

もっと読む

パティシエになる方法

男女

将来パティシエになりたいと考えているならば、製菓について学べる高校があります。そこでは製菓について学びながらも、一般の高校と同じ高校卒業資格を得ることが出来ます。そして実践で技術を身につけるだけでなく、製菓の道で働くにあたって必要な資格を取得するためのサポートもあります。

もっと読む

NLPは生活で使える

スーツの人

強みを紹介

多くの分野で使われているものといえばnlpがあります。日本では神経言語プログラミングと呼ばれているものでやる気を起こさせる、短時間で他者と信頼関係を作る時に利用されるのです。アメリカで作られたものでスポーツのインストラクターや著名人、歴代の大統領まで利用しています。一般生活をするうえでも多くのメリットを持っているのです。人と接するのが大変苦手な人もそれを克服していい生活をできるようにサポートしてくれる魔法の言葉になります。目標を持っている人はそれを明確にして成功に近づけるために使えるのです。nlpは日本でも受ける事ができるサービスで本格的なnlpプラクティショナーコースも用意されています。取得できればトレーナーとしても活躍できるのです。

トレーナーになれるコース

現在日本で行っているものはnlpプラクティショナーコースとnlpマスタープラクティショナーコースになります。双方ともトレーナーになるためにクリアしないといけないコースです。まずはnlpプラクティショナーコースから利用します。これは基本的なスキルを身につけられるものでカウンセリングやコーチングする時に役立つのです。リフレーミングやLABプロファイル、ミルトンモデルやミラーリング&マッチングを学習できます。結果感情をコントールして失敗の恐怖も克服可能です。悪い習慣もちゃんと改善できる意志の強さも身につきます。マスタープラクティショナーコースでは更に高度な知識とスキルを得られるのです。会社でするプレゼンテーションのスキルも上げられるでしょう。

福祉の仕事に就きたい場合

女性

新潟では社会福祉士の受験生が毎年多くいます。社会福祉士に合格することで就職や就職後の待遇面でも優位になります。忙しくても自分のペースで資格勉強をする場合には、通信講座や資格試験予備校を利用することが大切です。

もっと読む